メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

サイズも豊富な透明封筒

透明封筒とは、その名前の通りに中身が透けて見える透明の封筒のことですが、正式にはOPP封筒と呼ばれているもので、英語のOriented PolyproPyleneを略した言葉で、正式名称は日本語で2軸延伸ポリプロピレンと言います。

OPP封筒は透明のポリプロピレンと呼ばれる樹脂を縦と横に伸ばして熱で加工されたもので、手触りがパリパリとして封筒で、最近ではダイレクトメール用の封筒として多くの企業が利用しています。

OPP封筒はもともと伸ばされた状態で作られているため、引っ張ってもほとんど伸びることなく、したがってしわになりにくくて、衝撃にも強いのが特徴となっています。

さらに防湿性や耐水性に優れていて、雨にあたっても中身は塗れなくて、湿気の環境でも安心して使うことができるという大きなメリットを持っています。


OPP封筒は文房具店やホームセンターなどでも気軽に購入できるようになっていて、サイズもたくさん揃っていて、角3、A4、角2、角1、B4、長4、長3、A6、A5、B5などの定番のサイズものから、ハガキや写真がピッタリと入る専用サイズまで揃っているので、今では様々な業界で幅広く利用されています。

またOPP封筒は素材そのままの透明のままだと、紙封筒のようにマジックやボールペンなどで文字を書くことはできませんが、OPP封筒には片面だけ白色のマットインクを使用して印刷した封筒も市販されていて、それは一般的に半透明封筒と呼ばれる商品で、片面が白で片面が透明の封筒となっているので、用途によって使い分けるようにして下さい。


また見た目は同じ透明の封筒ですが、OPP封筒ではなく、CPP封筒と呼ばれて販売されているものもあって、CPPとは英語のCast Polypropyleneを略したもので、OPP封筒と比べるとフチが裂けにくく粘りがあって、手触りはパリパリしていなくて滑らかになっています。

透明度に関しては多少OPP封筒よりも落ちますが、専門家が見てようやく分かるという範囲となっています。

CPP封筒はOPP封筒よりも伸びるという特徴があるため、雑誌や冊子などの厚みがあるものを入れるにはこちらの方が向いているので、透明封筒に厚手のものを入れる時には、OPP封筒とCPP封筒を比べて、なるべく用途に合ったものを選ぶようにして下さい。


ビニール封筒を使うメリット

ビニール封筒を使用するメリットはいろいろなことが考えられますが、まずはビニールという特徴を活かした耐水性の高さがビニール封筒にはあるため、封筒に入れた書類や商品を雨水などから守ることができることになります。

ビニール封筒の使い道はいろいろですが、ビニール封筒は商品を販売する時に屋外で利用されるケースも多く、急に雨が降ってきた場合でも、中身を雨水にさらすことがなく、商品を保護しながら販売することができます。続きを読む…


衝撃に強いのも大きなメリット

透明封筒は今では様々な業界で多岐に渡り利用されていますが、透明封筒の一番の特徴は、何と言っても透明で中身が見えるというところです。

紙封筒に書類や商品を入れると、中身を隠せるというメリットもありますが、それがデメリットにもなります。

例えば紙封筒に商品を入れて店頭に並べると、中身が見えないためそれを購入する時にはいちいち袋の中から商品を取り出して見るか、サンプル品を置かなければいけません。

しかし透明封筒に商品を入れることにより、お客さんにいちいち開封されることもなく、サンプル品を用意する必要もありません。続きを読む…


購買率をアップさせるビニール封筒

ビニール封筒にはある程度の強度があり、さらに耐水性が高いということで、今では紙製の封筒に代わり様々な用途に利用されています。

ビニール封筒が良く利用されているのは衣料品やアクセサリーなどの包装袋としてで、商品を保護しながら中身を見せて展示できるということで、かなり便利に使われています。続きを読む…


透明封筒の使い分け

透明封筒と一口で言ってもその形や大きさは様々で、形は正方形、長方形、三角形、台形、大きさはA4、B5、A3、B4など、市販されているものだけでも数えきれないほどの種類が販売されています。

さらに透明封筒にはテープが付いていないものと、テープ付のものに分かれて販売されていて、テープ付ものはワンタッチで封ができるようになっていて、それはテープ付きと呼ばれる他にも、フタ付き、リップ付きベロ付き糊付きとも呼ばれて販売されています。続きを読む…


透明封筒の製造法について

最近では透明封筒を利用する機会が多くなってきましたが、透明封筒とは業界ではOPP封筒と呼ばれていて、OPPとはOriented PolyproPyleneを略した言葉で、正式名称は日本語で2軸延伸ポリプロピレンのことで、透明のポリプロピレンと呼ばれるものがその素材となっています。

OPP封筒には、紙のサイズで言えば最も多く利用されているA4サイズが入るものや、B5、A3、B4など、紙封筒として用意されているサイズもものなら同様に市販されていて、4〜5枚程度のハガキを入れられるような特殊なサイズの封筒なども販売されています。続きを読む…


ビニール封筒の流通量の推移について

ビニール封筒の流通量は、一昔前と比べてかなり多くなってきました。昔は封筒と言えば紙製のものしかほとんど想像できませんでしたが、ビニール袋が封筒としても利用されるようになってからは、その便利さにみんなが注目して、紙製の封筒の流通量にはまだまだかないませんが、用途によってはビニール封筒の方が優れているということで、紙封筒に代わりビニール封筒にシフトしている業界はたくさんあります。続きを読む…